利用者さんとの対応は精神力が必要

利用者さんとの対応は精神力が必要

利用者さんとの対応は精神力が必要

介護職のお仕事は非常に精神力が必要になってきます。と言うのも、利用者さんの中には怒鳴り散らすなど、感情をむき出しにされる方もおられるからです。

 

そういう状況の中で、ただ表面的な部分しか見ずに、「この人は面倒な人だな」とか「どうにかしてくれないかな?」と思ってしまうのでは介護職は勤まりません。その感情が利用者さんの、いったいどこから来たのか?なぜ来たのか?という事を掘り下げて考え、根底から解決させるよう努力する必要がある為です。

 

怒鳴り散らす利用者さんの場合は、もとからの性格のせいなのか?認知症のせいなのか?という事を冷静に考えなければなりません。そして、その人の経験してきた事も把握していくと、色々な仮説を立てることができます。

 

その作業をするだけでも、その人を受け止めよう、理解しようという姿勢が出てきやすくなるので、もし今まで怒鳴り散らすなどの問題行動を起こす利用者さんを見て表面的な部分しか見れてなかった場合は、全く違った見方ができるようになるようになりますし、そうなれるように工夫していく必要があります。

 

そうすれば、問題行動の正体が何なのか?より早く分かり解決も楽になってきます。