思ったことをすぐに口に出さない

思ったことをすぐに口に出さない

思ったことをすぐに口に出さない

介護の現場では、色々なタイプの人があつまり働いています。その中でも、場の雰囲気を良くする人も入れば、悪くしてしまう人もいます。

 

その後者、「現場の雰囲気を悪くしてしまう人の特徴とはどういった人なのでしょうか?」

 

その代表的な人の特徴は、思ったことをすぐに口にしてしまう人です。

 

思ったことをすぐに口にしてしまう人=場の雰囲気を悪くする事が多い?

思ったことをすぐに口にしてしまう人は、職場の雰囲気を良くできる場面もあるかもしれませんが、悪くすることが多いです。

 

また、すぐに口にしてしまうということは、深く物事を考えず、結論に飛びついてしまっていることが多い可能性があります。

 

そのため周りの人を、「その人の本当の意図」に気付かず避難してしまうことも多くなってしまいます。

 

また、もしかしたら周りから「あの人は的外れな事ばかりだよね」なんて思われてしまうかもしれません。

 

少なからず、よく考えてから口に出すようにすることで、そういったことは避けれます。

 

こういった傾向のある場合は、まずは、口に出す前に考える癖をつけることから始めましょう。

 

そうすれば、次第に今まで見えなかった、周りの人の思っていること、望んでいることが見えてくると思います。

 

それがわかってくれば、どうすればいいかは結構簡単だったりします。

 

自分のためにも、周りのためにも、利用者さんのためにも是非、

 

「口にする前に考える」

 

という事を実践してみてください。